サポート内容でRPAのベンダーを探すメリット

定型化された事務処理などを、高速で自動処理するRPAのベンダーとは、RPAのサービスを販売する会社の事です。ベンダーは英語の綴りではvendorで、販売者の意味です。製品やサービスを販売する会社などを指し、ベンダーの対語がユーザです。製造者はメーカーと呼びます。製造者であるメーカーから販売者のベンダーを仲介して、エンドユーザーの買い手に渡ります。コンピュータシステム販売会社で、単一メーカーの製品を扱っているのがシングルベンダー、複数を扱うのがマルチベンダーです。RPAのベンダーの中には、ハードやソフトウェアの技術者を対象に、ベンダー資格という認定資格を設けている販売会社もあります。ソフトウェアロボットであるRPAは、定型化された画面上の業務の処理を高速で行い、時間と人手を大きく削減します。

RPAのベンダーのサポート内容とは

サポート内容とは、販売者であるベンダーが提供するサービスの内容です。普及が一般的になりつつあるRPAですが、何でも導入すれば手作業が効率化されるというものではありません。RPAは機能によって種類があり、サービスされる形も違います。導入するまでに、自分の会社のシステムのどこを効率化したいのか、どんなRPAが適切なのかを正しく理解しておくことが重要です。RPAをベンダーから導入する際には、規模やセキュリティ、価格が判断材料になります。どのようなRPAサービスが自社にとって最適かの検討には、十分な時間をかけることが必要です。導入した後で目的に合っていないサービスであることに気づいても、経費は帰って来ません。メンテナンスも含めれば、RPAベンダーとは長い付き合いになります。信頼関係を築いておくことも、大切です。

目的にあったRPAサービス導入のメリット

RPAには、デスクトップ型とサーバー型の2つの種類があります。PCに直接インストールして高速自動化のための作業を行うRDAが、小規模でも導入しやすいと言われています。サーバーと接続して業務をPCと連携処理するサーバー型は、大規模なシステムに導入されます。デスクトップ型はPCだけで作業が完結するので、日常的にPCを操作する感覚で自動処理が完了します。サーバー型は、PCとサーバーの連携によって作業が進行します。デスクトップ型RPAは、サーバーやネットワークの環境を用意しなくてもRPA作業が行えます。ベンダーから小規模に導入するなら、こちらの方がコスト面で安くなります。サーバー型RPAはサーバーとネットワークの環境さえ作ることができれば、複数のRPAツールをサーバー上で一括管理でき、ロボットが稼働している間もPC上で別の作業が行えます。