RPAベンダーのサービスの傾向と特質を解説

RPAと一口に言っても各ベンダーによって特色があり、PC1台からの小規模な物から企業全体に及ぶ大規模なものまで様々です。それらのRPA開発ベンダーを比較し、その傾向と特徴、自社へ導入するにあたっての選考するポイントを解説します。まずRPA「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」は、主にデスクワークの定型作業をPCにインストールしたソフトウェアロボットに自動的に処理させることですが、導入する業務規模によってRPA開発ベンダーを選択する必要があるでしょう。小規模ながらロボット開発への垣根が低く、導入も比較的簡単で専従担当者さえ必要ない程の物から、元から稼働している社内の基幹システムと高度に連携し、個々のロボット開発や稼働に専従スタッフと、情報システム部門のサポートが必須の物までありますから、そこの見極めが大切になってきます。

RPAシステムも適材適所が大切です

RPAベンダーによって特色がある事は先程述べましたが、まずは小規模RPAから説明します。PC1台でのRPAシステムをパッケージソフトでインストールするタイプでは、安価に安易に素早く導入することができます。マウス操作を自動化することを主体に、RPA初心者にハードルの高い処理ロジックが必要なくても、表計算やブラウザでの自動処理を可能にします。まずはRPAを導入してみてどんな事ができるのか、ちょっと試してみたい場合にも手軽なので良いでしょう。パソコン1台から導入可能でも、小規模から中規模までカバーできるベンダーのRPAシステムからは、プログラムライクになってきます。つまりシステム開発経験者なら、あまり問題になりませんが、そういった経験が無いと導入段階で躓いてしまうかもしれません。ロボット作成のための方法も数種パターンが用意されており、慣れるまで時間がかかるため専従スタッフが必要になってきます。

ベンダーによっては得意不得意があります

そんな小中規模のRPAは、ロボットの組み合わせによって複雑な処理も熟す事ができるため、最初はパソコン1台の導入から始めて、部署全体へ活用を広げることも出来るようになっています。更に中規模から大規模までカバーするタイプでは更に複雑な処理まで対応することができます。導入規模は小規模でも高度な処理を求める場合はこちらを導入する事になるかも知れませんが、超小規模のRPAが得意な事が大規模RPAでは苦手になる事もあり、社内業務のどこがRPAで処理できるのか、目的とする処理にはどんなRPAが向いているのか。得意分野が違う複数ベンダーのRPAを組み合わせるのかをも想定しながら選定することが大切です。ベンダーによってはサポートの質も違いますので、自社でRPAを導入する目的と、管理するスタッフの状況によって受けられるサポートの確認はしておきたいものです。